太陽光の固定買取制度(FIT)

住宅街に行くと太陽光を屋根に積んだ家をとても多く見るようになりましたね。

家を新築するときには太陽光を載せるのがもはやデフォルトなのでしょうか。

2009年に固定買取制度(FIT)というものができました。

10年間は固定の金額で太陽光で発電して余った電力を電力会社が買い取ってく
れるというものです。

それも高値で。

ただし、

10年過ぎたら固定買い取りは終了し買取額は下がる

というものです。

2009年以前に太陽光を載せた住宅では早くも2019年で固定買取制度が終了しました。

2009年以降の東京電力の買取価格は45円

そして

2019年の固定買取制度終了後は買取価格は8.5円

今までは節電してできるだけ売電量を増やそうとしていた家庭は固定買取制度が終了し

た今は太陽光で発電した電気はできるだけ自家消費に電気を回し、電力会社での購入金額を減らそうと工夫しています。

そして災害時用の電力確保へとシフトしています。

新築時に太陽光パネルと蓄電池をセットにする仕様が増えているようです。

次の記事

耐圧試験の手順