たまに会う隣のおじさん

私には、たまに会う隣のおじさんがいます。

おじさんは、90才になられたそうです。
いつまでもお元気でいて頂きたい方なのです。

 

私が小さい頃から、そばにいつもいる方で、両親と喧嘩
したりしてると、何故かそばにおじさんがいるのです。
何も言いませんがいるのです。

 

私の母親(95才で昨年他界)が一人で母屋で暮らしてる時は
母はずいぶんお世話になったようです。
ありがとうございました。

 

おじさんの奥様が亡くなられた時に、おじさんの娘さんと
お嫁さんが母を迎えにきてくれました。

足が悪くなった私の母に焼香してもらいたくて、母を迎え
に来てくれたようです。
家内から聞いたお話しです。

母とおじさんの奥さんはご近所同士で仲がよかったんです。
何かと猫が生まれだの、犬が生まれだの井戸端会議でどっち
でもいい事、話してたのを見て育ちました。

迎えに来てくれた娘さんに家内が
「おじさんはいつもニコニコして優しい方ですね」
と言いましたら

娘さん曰く、
「父はいつも優しくて、自分たち子供は叱られた事がありま
せんでした。むしろその分母に怒られました」

偶然にも、今年の正月におじさんに道で出会いました。

車で通りかかったのですが、助手席にいた息子を家内と
間違えたのが面白かったです。
3人で大笑いでした。

「たまにはお茶を飲みに来て寄ってけし~」

と言ってもらえたのがうれしかった。
そうさせていただきます。

本当にたまにしかお会いできないおじさんです。
畑でたまにお見受けしますが、ああ、お元気だなと思い通り過ぎます。

いつも声は掛けないですが、
いつまでもお元気でいてください。
またお会いできますように!

ではごきげんよう

次の記事

Z32のお話し